Q&A よくあるご質問

『居抜き物件・造作譲渡』に関して

居抜き物件の「メリット」はなんですか?
居抜き物件の最大の魅力は内装費用を抑えることができることと、
内装次第では明日からでも営業できるという、時間と手間をかけずに済むことでしょうか。
最近の「変化が早い」時代背景を考えますと、リスクを減らした出店形態として、もっとも注目すべきは居抜き物件だと言えます。
居抜き物件の一番の特徴は、「既に店舗の内装が出来上がっている」ということです。

スケルトン状態から内装を作る場合、業種によっては、坪単価50万円以上かかると言われており、高価な材料を使う又は凝ったデザインにすると、さらに高くなります。 しかし、居抜き物件の場合、その内装費
用を大幅に抑えることができます。

内装部分が無償で引き渡される場合は『改装費用のみ』
内装部分を造作譲渡として買い取る場合は『譲渡費用+改装費用』だけで済みます。

他にも・・・

☆ 「出店時コストの回収が早い」

「初期費用を安く抑えることができる」ということは、「出店時に投下する分の資金をより早く回収することができる」と言えます。
これは、仕入れ強化・設備の追加投資などに資金を回せることになるので、経営の安定や他店舗展開を考える場合にはとても重要だと思われます。

☆ 「近隣の認知度が高い」

居抜き物件で、「以前飲食店」→「今回も飲食店」など業種が近い場合は、「あそこには飲食店がある」と開店前から認知されている方も多くいらっしゃるはずなので、ゼロから始めるよりも有利な可能性があります。

居抜き物件の「デメリット」を教えてください。
内装、レイアウトの融通が利きにくいことがまず挙げられます。
以前の店舗の内装をもとに改装するので、スケルトンから作る場合とは違い、レイアウトなどの融通が利かないという面があります。
ただし、もちろん事前に内装を十分に確認した上で契約をして頂くので、大きな問題ではないとも考えられます。

他にも・・・

「前テナントのイメージが残る」

前テナントが同業種で、もしも近隣の方々へ悪いイメージを与えていた場合には、不利になることがあります。例として、「頻繁に警察が来るようなことが起きていた」「不良の溜まり場だった」等があげられます。
その場合は、「運営者が変わった」ことを前面に打ち出して、大幅なイメージアップを図る必要があります。

居抜き物件の注意点としまして

「リース内容と機材の確認」

居抜き物件を契約する際に一番気をつけなければいけないのは、厨房機器や備品等の「リース契約」についてです。
以下の3点は、内装・各種機器を引き継ぐ際に絶対に確認しなければなりません。

1. 店舗内にある機材のうちどれがリースなのか
2. 契約の年数・残額など、リース内容の詳細
3. 機材がちゃんと動くかどうか

「契約書の内容とビルオーナーの了解」

近年の店舗物件の契約書には、「内装譲渡禁止」・「原状回復義務」等が、ほぼ100%と言っていい程記載されています。その為、居抜き状態での引渡しをするには、まずビルオーナーの了解が得られていないといけません。
現テナントと新テナントとの間で話がついていても、ビルオーナーに了承して頂けなければ居抜きでの引渡しはできないので、事前にビルオーナーの了解が必要となります。

『業務委託・フリーランス』に関して

業務委託とはなんですか?
業務委託とは、企業や個人と雇用関係のない外部の企業もしくは個人が仕事を引き受ける契約形態のことを言います。業務内容、費用、期限などを事前に取り決め契約を行った上で、業務を進めていきます。
業務委託契約のメリットはなにがありますか?
まずは業務を委託する側の視点としてメリットをあげさせていただきます。業務委託契約は、従業員としての契約ではなく、あくまで特定の業務に対する契約となるので、健康保険や雇用保険などの保険料の負担がありません。

次に、相手側は従業員ではありませんので、最低賃金や有給休暇など、労働に関する法令が適用されません。また、特定の業務に対する契約となるので、契約対象となる業務に対して、業務を委託する側と委託される側で折り合いがつかなくなれば契約を打ち切ることも可能です。

業務を委託される方の視点としましては、歩合制のため働いた時間ごとの還元率が高く、あなた次第で高いお給料を稼ぐことが可能です。 また自由度が高いため、勤務時間・勤務日数の融通がききます。

業務委託契約のデメリットはなにがありますか?
業務を委託する側の視点としまして、業務委託する相手が社員ではないので、業務経験を積むことで身についてくるノウハウや技術、人的な営業コネクションが、最終的に自社のものとならない点があげられます。ノウハウや技術は会社の資産になります。

社外からや社外への業務委託が増えることによって、ノウハウや技術が蓄積されないことが一番のデメリットだと思います。だからといって誰でもかれでも社員として迎えてしまうということは、それはそれで問題も発生しますので注意が必要です。

業務を委託される側の視点としましては、何かあった際の保険などの保障がある雇用契約とは違うため、労働基準法が適用されません。 売り上げがなければ収入は0ですし、確定申告などの税務関連をすべて自分で行わなければなりません。

業務委託で働く際は、書面で契約内容を確認してから取り交わすことが大事です。口頭で契約した結果、後になってから値下げ要求され、トラブルに発展した…なんて声も多々あります。
契約内容を理解していなかった・・・では通りませんので必ず確認をお願いいたします。

インセンティブと歩合の違いは何ですか?
ほとんど大差はございませんが、基本的には目標を達成した社員などに支給する報奨金が「インセンティブ」、売上に対する報酬が「歩合」と表記される場合が多いです。

「面貸し」とはなんですか?
美容室やサロンの一部を借りて働く方法です。個人事業主として、面貸しのサービスを利用し独立する『ミラーレンタル』とも呼ばれる『面貸し』というシステムがあります。

面貸しとは
充分に経験を積んだ方が、独立開業するにあたり、店舗を構えるための資金の問題や経営についての知識の不安があってもすぐに独立できる働き方です。 現在でも都心を中心に徐々に増えているこの『面貸し制度』は、美容室の一部を借りて個人事業主として独立した形で働くシステムです。

この『面貸し』というシステムは、実はアメリカなど海外においては、美容師の働き方として一般的なシステムです。
美容室側にも、そこで働く美容師にも、そしてお客様にもそれぞれメリットがあることから、日本においても比較的人気があり、これからも増えることが予想されます。

■ 働く美容師にとってのメリット
お店が決めたシフトに縛られないため、スケジュールの組み方次第では無駄なく働けます。自分で休みを決められることも大きなメリットになります。
自由な時間を活用し、パートタイムとして働けるなど、結婚後に復帰する主婦の方も働きやすい制度と言えます。 店舗を構えてのリスクがないため、‘技術’と‘ハサミ’と‘やる気’があればアイデア次第で様々な「働き方」ができ、若い美容師に特に人気のある働き方となっています。 業務委託等全般に言えることですが、余計な人間関係が必要ありません。

■ お客様にとってのメリット
一人のお客様に対して、同じ美容師が最初から最後まで担当します。
一般的に美容室では、スタイリストがカウンセリングをした後、カラーなどの薬剤を塗る作業はアシスタント、カットや仕上げはスタイリスト、と施術中に人が入れ替わるため、イメージが伝わりきらないという意見も。この仕組みを好まない人には、担当美容師が一人で担当してくれるシステムは喜ばれます。 ただし契約内容によってはアシスタントをお店に借り たりする・・・というところも多く、ケースバイケースといえるでしょう。

■ 美容室側のメリット
スタッフ数が足りない、スペースが空いているなどの状況が続くと、家賃などの経費だけがかかってしまいます。 この空いた‘面’を貸して有効活用できるようになります。
また、顧客をすでに抱えている美容師が来やすいため、教育等が必要ありません。雇用による固定費のリスクも減らすことができます。

PAGE TOP ▲